こにけんの投資備忘録

投資の事を1ミリも知らない私が投資してみた。

チャート指標~一目均衡表~

こんにちは!

今回は一目均衡表についてです。

一目均衡表…5本の線で構成された分析表その線とは、
①転換線・・・現在から過去9日間でみた高値と安値の中間点を結んだ線

②基準線・・・転換線の26日版。

③遅行スパン・・・終値を結んだ線を26日前(ローソク足26個分左)にそのまま平行移動したもの

④先行スパン1・・・転換線と基準線の中間値を結んだ線を26日先(ローソク足26個分右)にそのまま平行移動したもの

⑤先行スパン2・・・転換線の52日版で、なおかつそれを26日先にそのまま平行移動したもの
です。
f:id:koniken:20170527012425p:plain


分析ポイントは
①転換線と基準線
②遅行スパンとローソク足
③雲とローソク足
を比較すること。シグナルは時系列でいうと①から順に観測される。

転換線と基準線の関係は短期平均線と長期平均線の関係と似ていて、位置関係で基準線より上なら買い時・下なら売り時と判断できたり、この線でもゴールデンクロスデッドクロスを観測できます。

遅行スパンは26日前と現在の株価の差が一目でわかる表示で、ローソク足と遅行スパンのクロスポイントが売買タイミングです。遅行スパンが同X座標のローソク足を上抜けたらゴールデンクロス、下抜けたらデッドクロスと同じように捉えられます。

先行スパン2本で作られる白い部分を雲といい、雲は抵抗線支持線の役割をする。この役割の強さは雲の厚さと比例する。
雲とローソク足の位置関係で強気(ローソク足が雲のうえ)・弱気(その逆)と読める。
ローソク足の勢いが強く、雲を突き抜けたときがトレンド転換ポイントみたいです。

ざっくりいうとこんな感じでしょうか!
ではまた!