こにけんの投資備忘録

投資の事を1ミリも知らない私が投資してみた。

チャート指標~移動平均線~

こんにちは!

これまではローソク足についてやってきましたが、チャートには他にも色々と指標があります。
今回はそのひとつ"移動平均線"に触れていきます。

移動平均線(Moving Average)とは…
ある時点から過去数個の終値の平均値を繋げてった線です。

じゃあこれがなにに使えるかというと、ローソク足の動きよりもなだらかな動きがわかります。
これと実際のローソク足との位置関係を比較することで市場環境が平均より強気、弱気、横ばいかを判断できますね。
そしてこの線の傾きは傾向の強さを示してくれます。

ざっくりはこんなもんですかね。次に移動平均線の種類です。

○SMA・・・単純に平均値を計算してつないだ線、ローソク足感度は最も低い

○EMA・・・現在に近いデータの比重を大きくしたもの、急激に動くチャートでの転換点に敏感

WMA・・・EMAと概念は同じだが算出方法が異なるもの、緩く一方向に動くチャートでの値動きに敏感

って感じでそれぞれに使いどころがあります。
それでは次はもう少し掘り下げていきましょう。